#135:ラクダと蛇

昨日終わったと思っていたサーブレットのリファクタリングだけど、実は他にもパッケージが残っていた。ショック……。しかも、一番サーブレットに対する理解が乏しかった時のコードなので読解並びに変数の修正、コメントの付け方に苦労した。それでも何とか終わったので一安心。1つのissueで200コミットぐらいしたから良い加減切り離すことにした。一丁前にバージョンも付けているのでv2.0.0をプレリリース。リリースタグって開発してる感が強くて好きだなあ。(後から気付いたけどTagReleaseって違うのね。違いがイマイチ分からない)

リモートからもタグを付けられるって最近知ったから試してみた。ローカルでするよりもこちらの方がVerifiedも付くし見た目がゴージャスな感じね。ローカルでするメリットもスピード以外は特になさそうだから、今度からはリモートで追加しよう。

後、とても気になる問題を発見してしまった。一般的にJavaのクラスやメソッド、変数名はキャメルケースで命名されるそうなのよね。キャメルというとラクダだからボコボコした見た目。例を挙げるとcurrentTimeMilles。文字間の空白は空けない代わりに先頭の文字を大文字にしてあげる方法。

一方で私が変数の命名に用いていた方法はスネークケース。先程の例だったらcurrent_time_miles。文字間のスペースをアンダーバー(_)に置き換える記法。調べてみたところ定数のみにスネークケースを用いるそうだ(ただし大文字)。下記の記事がソース。そういえば公式ドキュメントも大体こんな感じになってた。

確かにアンダーバーを使わない方がスッキリ見えるもんな。やたらにIntelliJがキャメルケースを予測変換で勧めてきたのはそういった背景があったからかもしれない。面倒だけど全部書き換えよう。早速Issueも作成したし、どんどん変換どんどんコミット。

それに加えて後はJSPのリファクタリングだね。流石にサーブレットよりは楽だと思うけど油断は出来ない。変な問題が起こらなければ良いが……。

To comment

@Contents
閉じる