#141:英気を養うという矛盾

昨日の記事では用事があると言っていた今日だけど、実は旅行に行っている。カッコつけて用事とか言ってスマン。こうやってすぐにカッコつけたがるのは止めよう。そもそもこのブログを見てるのはよっぽどの物好きか私のファン?しかいないだろうからもっと自由に書いていくぐらいで丁度良い。起源を辿ればブログってそういうものじゃないだろうか?単純にウェブにログを残していくというだけで、何も役に立つ記事や「いかがでしたか?」みたいなお役立ち情報を載せることが全てじゃないと思う。SEOなんて糞食らえだ。

という訳で、根が旅行好きだから旅行せずにはいられない。最近はコロナで鬱憤してた感情を開放するために比較的過疎化が進んでいる隣県の鹿児島に来ている(2ヶ月前も来たけど)。コードを書くのも大好きだけどそれと同じくらい旅行も好きなんだよね。しかし、これはただの旅行ではない。気分転換しつつコードも書こうという大義名分を抱えている。

が、毎度同じ過ちを繰り返すのだけどそんなことは私には無理。旅先で作業するということから連想するのは太宰治だが、彼は何ヶ月も逗留しているから出来るのであって一泊二日の小旅行では思ったよりも疲れてしまいバタンQだ。

そんな言い訳を考えてみたが、やっぱりコードを書かないと罪悪感が生まれる。強迫観念というのか、ポジティブに捉えればプログラミングが身に染み付いてきたということなのだろうか。今日は約2時間ほど作業をした。今は求人の応募に添付するアプリを作っているが、後はUIを整えてデプロイすれば完了だ。最近はポートフォリオ?を作るのに費やす時間と業務に充てる時間との価値について考えている。幾ら綿密に素人が開発を進めてもその方向性が間違えていたら何もしないよりも軌道修正に時間が掛かるのではという不安。とにかく今は現場で働きたいという思いしかない。

今日のIssueはこちら。

タイトルの通り、「アプリのデプロイ前のUI最終調整」である。CSSフレームワークはFomantic-UIを使用している。動きのあるモジュールとか色々試してみたい気持ちもあるが、先ずは静的な部分をガッチリ固めていく所存。

To comment

@Contents
閉じる