#166:熱意が空回り

今日は第一志望である企業の面接があった。まだ内定を頂けた訳ではないので詳しい内容や経緯までは書くことができない。もし、決まれば思い出して書いてみようかな。まあ、とにかく自分の想いは80%は出せたかなという手応えはある。しかし、自分の思いを伝えたいと独りよがりに思うことで話が飛躍したり、誤解を生むような表現をしてしまったことが悔やまれる。私は話すよりも文章を書くほうが好きだが面接官はそれを知る由もない。この感覚を入れ替えられればいいのだけれどそんな都合の良い話はないから次の対策を地道に考えなければならない。改めて自分の想いをマインドマップに殴り書いて体系的に纏めてみよう。自分が思っているよりも決意というものは硬くない。決意ややる気よりも理路整然とした意見を淡々と言えるようになりたい。

To comment

@Contents
閉じる