サムライズムでIntelliJ IDEA Ultimateを購入したよ

今日もいつもの通りコードを書いていこうとIntelliJを開くと身に覚えのないポップアップが出現した。

英文を読むとどうやらお試し版の期限は終了して残り時間30分だけあるよということらしい。そんな突然言われても……。いや、突然というわけでもないな、そう言えば、1週間前ぐらいからだろうか、残り日数が表示されていた。

ここ1ヶ月ほど毎日お世話になっており、もうEclipseには戻れないし思い切って買う決断をした。私はまだまだペーペーで大袈裟じゃなく1%ぐらいしか機能を活用できてないと思うけど、毎日新しい発見をするのが楽しみというのがIntelliJを選ぶ理由。感覚的な話だけどEclipseは操作感も含めてワクワクしないんだよね。

さて、購入先も幾つかあるけどTwitter(@Samuraism)でたまに覗いていたサムライズムで買うことにした。選択した理由は2つある。まず1つ目は紹介制度がある点である。Twitterで#侍割と調べればどのリンクからでも割引を受けられるし、誰かに自分の紹介したリンクから購入されれば次回以降のポイントとして使うことができる。まぁ、所謂アフィリエイトだね。このブログでも最後に紹介リンクを貼るからできればここから買って欲しい(切実)。

2つ目の理由は以前購入した『IntelliJ IDEA ハンズオン』という本の著者が代表を務めていることから信頼できると感じたからだ。まだ半分程度しか読んでいないが写真が多く分かりやすいし、愛が伝わってくる。他にも教育関連のイベントも開いているようでそのような活動をしている会社は是非フォローしたいという気持ちが少なからずあった。これは後付けの理由だけど。

それで購入フォームから自分の個人情報を入力送信するとメールが送られてくる。そこから支払いを済ませれば暫くしてJetBrains Toolbox Subscription Certificate、つまりライセンスが送られてきてあっという間に導入完了。このあとに何かキーを打ち込んだりする必要があるのかと思って探し回ったけどJetBrainsのサイトにログインすると勝手にライセンスの登録がされていてたまげた。アレってどういう仕組みなんだろう?二重に購入したかと思って焦ったわ。

金額としては税抜17,000円と結構高いけど、2年目は13,600円、3年目以降は10,100円なので長い目で見ればそれほど悪くはないと思う。というか、今まで毎年40,000円ほどのAdobe税を払ってきた身としては良心的な値段設定だとさえ感じるね。来年からはもうAdobeCCには入らない(Lightroomで十分)からその余剰金を廻せば万事解決。

ちなみに無料版のCommunity版もあるけど下記のリンク先にあるとおり言語が限られる。お前そんなに言語知らないだろと言われそうだけど、これから個人で勉強したい言語もあるし多彩なフレームワークにも対応してるから私的には全然良いと思ってる。結局のところ費用対効果はこれからの取り組み次第ということになるわな。

最後に、忘れそうになってたけど紹介リンクを貼っておく。私はアフィリエイターがあまり好きじゃないから似たような美辞麗句で騙すようなことはしない。ただ、この記事を読んだのも何かの縁だと思ってここから購入してくれると嬉しい。来年以降安く買えるからね。

To comment

@TOC
閉じる