#127:Kotlinやってる場合じゃない

今日もポチポチとリファクタリングを進めていた。が、残念ながらデザイン面で変に悩みすぎてしまい思ったほど進んでいない。私がこだわりの強い性格なせいでもあるけど、ひとまず完成させないといけないので少し焦っている。

思ったよりも修正するコードの量が多い。なので、Kotlinに時間を割いていた分をこちらの作業に回して一旦はHerokuにデプロイしてReadmeを書き終える段階までいくことを最優先にしなきゃな。

まあ、一応KotlinではDesign Support Libraryを使ってみた。簡単に言えばGoogleの提唱するマテリアルデザインに対応することができるGoogle純正のライブラリのことである。Twitterなど普段使っているアプリでも右下にボタンがあるレイアウトをよく見かけるがそれもこのライブラリを使えば簡単に実装することが可能だ。他にも様々なActivityがあって面白い。

他にはIntentを使った画面遷移の方法を試したりした。

Androidアプリの作成も次回からより踏み込んだ学習内容になっていくのでとても楽しみだが、先ずはJavaアプリの方を進めなければならない。明日はAndroidは手をつけずにサーブレットの方だけに集中していく予定。一旦完成させないと求人に応募も出来ないからね。というか、業務では使わないだろうから今後は趣味での開発になるかな。

最近は何かと希望退職やコロナ解雇などの暗いニュースを見かけるが、そうなれば比較的需要のあるプログラマやシステムエンジニアへとそれらの人達が流れてくる可能性も高いだろう。その前に少しでも早く残りの席を確保しないと。実務経験を積んでいない未経験はこれからますます厳しくなることは業界外からも観測出来る。一刻も早くIT業界に食い込まないとチャンスが無くなる一方で足切りのレベルも高くなってるからそれなりの学習時間が必要というパラドックス。

To comment

@Contents
閉じる